審査なしのetcカードのメリットとデメリット

審査なしのetcカードのメリットとデメリット

審査なしのetcカードなら信用ブラックの人でもetcカードが持てるため、高速道路をスムーズかつ割安な料金で利用できます。etcカードの利便性は高いですが、審査なしのetcカードを利用する場合、クレジットカード会員向けのetcカードとは異なるため、申込む前にメリットとデメリットを考慮するのは大切です。両方を比較して、納得できたなら申し込んでみるとよいでしょう。

どんなメリットがあるか

審査なしでも申し込めるetcカードとは高速道路管理会社が発行するetcパーソナルカードのことです。etcパーソナルカードを所有しているなら、高速道路をスマートに入退場できるようになります。etc車載器を搭載している車だけが入退場可能なスマートインターチェンジも増えています。etcパーソナルカードがあれば、スマートインターが利用できます。自宅から近いインターチェンジがスマートインターだったり、職場やレジャーの目的地がスマートインターチェンジの周辺だったりする場合、利便性が高くなります。

高速道路の割引が適用される

別のメリットは、高速道路の時間帯別割引制度が適用されることです。時間帯によって高速道路料金が割り引かれるので、うまく活用すればお得な料金で高速道路が利用できます。割引施策は時折変更になりますが、その場合も対象になるのはetc車載器を搭載した車に限られるため、etcパーソナルカードを持つメリットは大きいといえるでしょう。

デメリットもある

デメリットはデポジット(保証金)が必要になることです。デポジットは利用料金に応じて増えるようになっていて、利用料金の4倍を収めることになっています。例えば1カ月の利用料金が1万円の場合、デポジットは4万円です。デポジットを高速道路料金に充当することができないので、その分別に費用を計上する必要があります。クレジットカード会員向けのetcカードと比較すると、出費が多くなるのがデメリットです。メリットとデメリットを比較して、加入の是非を検討するとよいでしょう。

↑ PAGE TOP