審査なしでetcカードは発行できる?

審査なしでetcカードは発行できる?

etcカードがあれば高速道路の料金所をノンストップで通過できます。料金所で一旦停止して高速道路料金を支払っていると、ETCレーンを車が次々に通過していくのを見てうらやましく思ったことはありませんか?etcカードはクレジットカードを持っていれば、会員向けのetcカードを発行してもらえますが、必ずしもすべての人がクレジットカードを持てるわけではなく、作りたいけれど事情で作れないという人もいることでしょう。

クレジットカードが持てない理由

クレジットカードの審査に通らない理由はさまざまですが、審査に通らない理由の一つが信用事故を起こしてしまった場合です。自己破産や任意整理などの債務整理を行った場合、信用情報に記録されるため、最長で10年間はクレジットカードやローンの申し込みができなくなります。10年間クレジットカードが持てないとなると、etcカードもその間持つことができないので、不便だと感じる人もいることでしょう。債務整理以外にもクレジットカードやローンの支払いが滞ってしまい、カードの利用ができなくなってしまったという人もいます。信用情報に事故情報がいったん記録されると、債務整理ほどではありませんがしばらくの間はクレジットの申し込みができません。そのような場合に審査なしでも申し込めるetcカードがあればよいと思うことでしょう。

法人用ETCカード

審査なしのetcカード

何らかの事情でetcカードが持てない人向けに用意されているのがETCパーソナルカードです。ETCパーソナルカードは高速道路を管理運営するNEXCOグループが発行するETC専用カードです。ETCパーソナルカードの特徴はクレジットカードの審査が不要でだれでも申し込みができるという点です。申し込みには条件があり、利用条件としてデポジットの支払いが求められます。デポジットとは保証金のことで、毎月の利用料金に合わせて所定のデポジットを収める必要があります。デポジットは高速道路料金に充当することはできず、カードを発行するために必要な預託金です。

ETCパーソナルカードのデポジット額

ETCパーソナルカードのデポジット額は毎月の利用料金に合わせて金額が決まっています。基本は平均利用月額の4倍です。例えば1カ月の高速道路料金が5000円程度の場合、デポジット金額は4倍の20000円です。金額が増えるとその分デポジットも増えます。その月の高速道路料金が普段の月よりも増える場合は、高速道路料金の利用料金がデポジットの7割に達した時点で追加のデポジットを支払います。仮にその月の高速道路利用料金が10000円に達した場合、追加で20000円のデポジットが必要になります。この場合、デポジットの合計は40000円です。

デビットカードにはetcカードはありません。デビットカード

高速道路料金の支払方法

高速道路料金は毎月月末で締め、翌月に指定の銀行口座から引き落とされます。引き落とし日に間に合うように銀行口座の残高をチェックしておきましょう。口座から引き落とされない場合、ETCパーソナルカードの利用が停止されるからです。高速道路料金がいつもより増える可能性がある場合は、デポジットが必要になるので、その分も合わせて口座に入れておくようにします。口座のチェックが必要になるので注意しましょう。

マイレージサービスとの連携

ETCパーソナルカードはマイレージサービスと連携しています。マイレージサービスを利用することで、高速道路の利用料金に応じた特典があります。毎月の高速道路利用料金に対してマイルが付与され、一定のポイントに達すると無料走行分として還元されます。申し込みはETCマイレージサービスのホームページから行います。登録は無料でできます。申し込む場合は、車載器の登録番号、etcカード、車検証を手元に用意するとスムーズです。マイレージをためれば最高で5000円分の高速道路料金が無料になります。etcカードを利用すれば、時間帯ごとの割引サービスも適用されるので、高速道路をお得に利用できます。

インターネットfax

↑ PAGE TOP